読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はかますたいる!きょろの技的雑記

井上恭輔(@kyoro353)の私的かつ技的な日記です。米国サンフランシスコで暮らすエンジニアです。

大切なのはユースケースを絞り込むこと、忠実にアプローチすること。 Eventbrite

シリコンバレーのスタートアップが作る最近のサービスは、ユースケースがすごくSpecificで良い。

ユースケースの絞り込みって、サービスを新しく作る上で凄く重要で、そのユースケースに必要ならば、決済だろうが、オフラインだろうが、Webで解決できないこともどんどん盛り込んでいくくらいの方がよいし、実は収益化や差別化のポイントはそこにあるんじゃないかなって思う。

Eventbriteは、イベントの企画運営や、チケットの販売なんかが行えるサービスだ。日本で言うATNDのような感じなのだけど、チケットをオンラインで販売して参加費を回収したり、残席数の管理を自動で行ったり、チケットにバーコードをつけて入場管理なんかができちゃう便利なサービスだ。デザインも綺麗でいいよね。PeatixなんかがEventbrite for japanを狙っているのだと思う。

俺が面白いなって思うのは、Eventbriteの導線設計がすごくシンプルで洗練されていることだ。基本的にEventbriteでイベントを探すことはなくて、Facebookやブログ、オフィシャルサイトなんかにEventbriteプラグインが埋め込まれてて、そこからチケットを購入したり予約を入れに行くかたち。あくまでプラットフォームとして設計されてて、ごちゃごちゃしてない。

f:id:kyoro353:20120301192403p:plain

また、単なるイベント企画と募集ならWebで十分なんだけど、その一歩先の、イベントの運営管理といったペインにしっかりアプローチして、ローカルのソリューションまでも拾い上げてサービスにしている。Meetupとかでは捨ててた部分をしっかり拾い上げているのがいいね。

ATNDはトレンドを拾い上げるのが凄く良かったし、タイミングもばっちりだった。ただ、そこで終わってしまったのが、今から思えば少し勿体無かったなという感じかもしれない。ユースケースを絞り込んで、忠実に手段を選ばずアプローチを続けることが大切だ。

 

[Eventbrite] http://www.eventbrite.com/

[ATND] http://atnd.org/

[Meetup] http://www.meetup.com/ 

[PeaTix] http://peatix.com/